明日葉の製造工程

八丈島で収穫された明日葉は、島内にあるHACCPに準拠した設備が稼働している工場で製造、加工されて出荷を待ちます。写真の工場は、規模は小さいものの世界的な食品の安全基準である、HACCPに対応いた厳しい品質管理のもとで、明日葉を出荷できる様々な設備です。

 

食品企画の明日葉を含んだカレーなどの各種の製品は、この安全で安心な工場で製造されたものです。

HACCPとは

 (Hazard Analysis and Critical Control Pointの略)

HACCPは国際機関が推奨している食品製造の衛生管理システムです。食品の製造・加工工程の段階で発生するおそれのある、微生物汚染等の危害をあらかじめ分析し、その結果に基づいた対策を講じることで製品の安全を確保する衛生管理の手法です。国連の国連食糧農業機関FAOと世界保健機関WHOの合同機関である食品規格(コーデックス)委員会が、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

(出典;厚生労働省ホームページより)